のぼりで地域ごと販促で活性化

商店街や地域自体を販促していくには、共通にデザインされたのぼりを使った集合体としてのキャンペーンが重視されてきています。

のぼりで差が付く販売促進

のぼりで地域ごと販促で活性化

のぼり広告はスーパーや色々な店舗がそれぞれに出しているだけではなく、商店街や町おこしなどでも使われているのを最近良く見かけます。

とくに地方の商店街はシャッター街となるような現状ですので、こうした横のつながりによって地域として守り立てていこうと言う気持ちが伝わってきますね。

共通ののぼりを考案し掲げることで、その町の印象を良くし、ひとつのブランド化することも可能なのです。

共通意識を持って盛り上げていく際のキーワードや名産品などを考えることから町おこしに繋がっていくのです。

こうした街をあげてのキャンペーンを象徴するのぼりつくりは地域住人を活性化し、その広がりによって町全体に集客することが出来ることが多くの場所で証明されています。

特にB級グルメを各商店で盛り立てることで広がっていく様子などはTVでも放送されて各地域にひろがっています。

そうした意思表示としても街に並んだのぼりは一体感を感じさせますね。

他との差別化や、ブランド化など、地域ごとに特色を活かした売込み合戦が始まっているといっても良いでしょう。

のぼりには商品の内容を紹介するだけでなく一体感や地域としてのつながり、絆を表現するというメディアとしての役割もあるのですね。