キャンペーンの後、のぼりは

のぼりは使い捨てにするだけでなく、きちんと保管しておけばまた次回も使えるのです。小さな無駄も作らない、エコな取り組みは最近注目されていますね。

のぼりで差が付く販売促進

キャンペーンの後、のぼりは

一年を通して季節ごとのイベントがある日本ですから、それに合わせて小売店や各種店舗ではキャンペーンをするでしょう。

また、特売日がある場合や、バーゲンなどの開催もそれぞれのサイクルで考えられますね。

そうしたことをお知らせするツールとして店頭ののぼりは年中活躍しています。

使い終わった後ののぼりは次の機会に使うようにとっておくというところも多いでしょう。

しかし保管方法が悪かったり、経年劣化があったりと予期せぬ傷みがあるものですから、使う前に早めに状態を確認しましょう。

急な発注に対応してくれる会社もありますが料金が高かったり、思い通りに出来あがらなかったりということも考えられます。

また、いつも同じものよりもそのつど違うといった変化自体も目を引く販促効果がありますので、同じイベントでも飽きないような工夫で、のぼりを刷新していくのも一つの手ですね。

一方、最近の試みとして捨ててしまっても地球環境に配慮した素材をつかった販促物というのも注目されています。

販促物には使い捨てのイメージがあってもエコな素材を使うことでそうした環境への配慮をアピールする企業も出てきているようで、のぼりもつくりによっては丈夫で長持ちするものも制作可能ですので、再利用することを念頭においてエコな販促と言うのも一考の価値ありですね。