のぼりの個性とデザイン

多くののぼりはシンプルで伝えるべき内容は一枚に付き一つというのも特徴ですね。のぼりにいかに強い訴求力を与えられるかが勝負です。

のぼりで差が付く販売促進

のぼりの個性とデザイン

のぼりが一目で通行人に商品やキャンペーンを伝え、行動を起こさせるためにはどうした工夫が必要なのでしょうか。

キャンペーンのお知らせなのか、注目して欲しい商品の紹介なのか、大きな一枚ののぼりであっても内容は一目でわかるように、ひとつに限っている場合が多いでしょう。

それによって、訴求するポイントが絞られ見る側も気になるか気にならないか、即決することができます。

ごちゃごちゃといろいろな文句や、余りにも多くの絵柄が使われているのぼりはみたことがないですね。

基本はワンアイテムに付き一つのことを訴求することがセオリーで、さらにそれをいかに端的に表現するかがのぼりに求められるデザインと言えるでしょう。

飲食系で言えば、辛いものなら赤系、冷たいものなら青系といった単純な図式が効果的で、視覚に訴えることに重点が置かれています。

また、お気に入りのタレントののぼりはそれ自体がレアな商品となりえるほどですので、人の目を集めることにまず成功するでしょう。

そうしたアイコンによって店舗の信頼性を高めたり、イメージをアップしたりするのにも使われているようですね。

のぼりはまずは足を止めさせるということを目的にしているので、こうして各社インパクトを狙っているようです。